たびサポの理念

たびサポの理念

目指す学生像

大阪府立大学生協が運営するたびサポでは、

明るく・元気で・たくましい

学生の育成を目指しています。

「明るく」

自己受容
自己肯定感

自己承認し自分を大切にすると同時に他人も同様に尊重する。
自分の未来に展望を持つ。

「元気で」

健康 主体性
自己効力感

肉体的にも精神的にも健康である。
自己効力感(自分には物事を実現する力があると思っていること)を持ち、主体的に物事に取り組む姿勢がある。

「たくましい」

柔軟性
ストレス対処力

失敗にめげず、失敗から学び、何度でもチャレンジする精神力を持っている。

大切にしたい3つの価値

受容と尊重

受容

「ありのままを受け容れること」
「自分のものさしで評価しないこと」

尊重

「相手を自分と同じように大切にすること」
「マナーやプライバシーを守ること」

共感と理解

共感

「相手の立場に立って、相手の置かれている状況を感じとり、理解すること」≠「同情・憐れみ」

理解

「相手が伝えようとする意味をできるだけ正確に把握しようと努力をし続ける姿勢」

承認と信頼

承認

「現状の意味を見出し、相手に力を与えること」

信頼

「自分の力で、自分の問題を自立的主体的に解決していけると相手を信じきること」

人は、人として存在し、赤ちゃんから大人に成長していきます。学生はその途上にある存在です。学生がそういう存在であると受容し、大切な存在として尊重し、どんな学生なのか分かろうと努力し、その気持ちを感じ取るように話を聴き、今これが出来るようになっているよね、これからきっともっと大きな人間に成長できるよと信じることが大切です。
たびサポではこれらの「3つの価値」を大切にしています。先輩サポーターはキャリアコンサルタントの監修する研修において、これらの価値を学び、互いに深め合い実践していきます。

たびサポのルール「3Hしない」

「否定から話をはじめない」ことがコミュニケーションにおいて大切だという話をきいたことはありませんか? 誰だって、せっかく伝えた自分の考えを頭ごなしに否定されたら嫌な気持ちになるし、もしかしたらそのせいで発言しにくくなってしまうかもしれません。

たびサポでは「否定しない」「批判しない」「非難しない」ことをこれらの頭文字をとって「3Hしない」と呼び、受講生・サポーター共通のルールとしています。

そしてこのルールを守りながら、しっかりと自分の意見を伝えるためのスキルも講座で学びます。

「3つの価値」と「3Hしない」によって、誰でも安心して自分の思いを伝えあえる場をつくりだしています。

タイトルとURLをコピーしました